業務用製氷機の買取を断られた時の処分方法

買取を断られた業務用製氷機を処分するには?

飲食店の厨房に欠かせない業務用製氷機

入替えなどで古い製氷機処分の必要に迫られた時、どこにも引き取ってもらえない処分困難品だと ご存知でしたでしょうか。

買い取りがついたり、知人に譲ることが可能だったりすれば問題ないのですが、それらが無理な場合 処分を考えねばなりません。

どんな方法があるでしょうか・・・

>>お問い合わせ


市区町村自治体の粗大ゴミ処分

結論から言いますと、市区町村自治体では業務用製氷機処分できません。

基本的に お店で使う厨房機器は事業廃棄物になりますので一般ゴミとして収集処分してもらえないのです。

では どこに頼めば処分してもらえるのでしょうか・・・

>>お問い合わせ


フロンガス回収専門業者に依頼する

実は2020年4月に改正フロン排出抑制法が施行され、冷蔵庫・冷凍庫などの処分が ますます難しくなっている背景があります。

ですので正規のやり方としては、まずフロンガス回収の免許と設備を持っている業者に依頼してフロンガス回収を行ないます。

次に製氷機本体を廃棄業者に依頼して回収してもらうのが最も法律的に問題の無いやり方ということになります。

このように2段階に分けて処分しなければならないため 手間と時間がかかる上、費用も高額になります。(1台につき 5万円~、大型だと10万円~)

改正フロン排出抑制法が施行されて間もないということもあり、回収に特化した専門業者の数が全然足りてないのが現実なんですね。

なにかもっと良い方法がないものでしょうか・・・

>>お問い合わせ


フロンガスを漏出しない業者に依頼する

 要するにフロンガスを放出せずに再利用されるのがベストであり、需要のある海外輸出にツテのある業者へ回収を依頼するのが正解の一つとしてあります。

もちろん私共 エコスペシャル でも業務用製氷機をはじめ コールドテーブル冷蔵ショーケースなどなど飲食店の厨房機器を数多く撤去回収しております。

回収した製氷機などはメンテ清掃した後、主に外国へ輸出されることとなります。なのでフロン回収の手間がかかりません。

>>お問い合わせ


出張回収と搬出作業の手間賃は頂くことになりますが、2段階廃棄に比べ かなりリーズナブルなうえ 1度の短時間作業で全て済んでしまいます。

ただでさえ忙しい厨房作業を長時間 中断することがないので、飲食店の皆様には多数ご依頼いただいてます。

買取りを断られたり、フロン回収など長時間作業で厨房を止めたくない飲食店様は、ぜひ一度ご相談ください。

>>お問い合わせ


費用の目安

回収例費用の目安
製氷機(小型) 8,800円~ (税込)
製氷機(中型)  ※作業員2名~15,000円~ (税込)
製氷機(大型)  ※作業員2名~20,000円~ (税込)
コールドテーブル ※作業員2名~35,000円~ (税込)
その他・業務用冷蔵冷凍機器ご相談ください!

水道配管が接続されていると回収できません。
  取り外しには別途料金が発生する場合がございます。
事前に お知らせください。


お見積りは無料です。お気軽に ご相談ください。

0120-530-793


製氷機以外の業務用冷凍冷蔵機器の処分は?

また、コールドテーブルをはじめ業務用冷蔵・冷凍庫なども同様に処分困難品です。エコスペシャルではこれらの厨房機器の撤去回収にもご対応しております。

お気軽にお問い合わせください。


合わせて他の不用な家電家具などの回収も承ります。ご利用くださいませ。

0120-530-793


コールドテーブル


冷凍冷蔵ストッカー


冷凍アイスストッカー


業務用 冷水機


冷蔵ショーケース


プレハブ冷蔵庫


その他の厨房機器も お気軽に ご相談ください。


搬出困難な場合は作業員を増やすことも可能です。お気軽にご相談ください!

0120-530-793


最新情報をチェックしよう!

業務用 冷蔵・冷凍庫処分の最新記事8件

>エコスペシャル 0120-530-793

エコスペシャル 0120-530-793

大型冷蔵庫や婚礼箪笥はもちろんピアノ・金庫の分解・搬出から処分まで迅速にご対応いたします。プロの業者さんに断られた難しい撤去作業でも お気軽にご相談ください。

CTR IMG